2018年1月20日開催 ひきこもる子と同居する高齢家族の現状とライフプランについて考える~潜在化する孤立と困窮についてどう対処するか

高齢家族と同居する中高年層のひきこもりが大きなテーマとして認知されつつあります。
介護支援者による各種の報告においても、ひきこもり状態の人と同居する家族の事例は珍しくありません。
統計的にも親と同居する中高年層の未婚者は増加の一途をたどり、今後似たような課題を抱える家族が続出することも予測されます。
高齢者の困窮、子どもからの虐待や経済的搾取、一家共倒れなど、深刻な事態も報告されています。
もはや家族だけでは解決できない問題に対し、支援現場の実例から何ができるのかを考えたいと思います。
 
基調講演
「ひきこもる子を支える家族と介護問題」
春日キスヨ 氏(元松山大学教授)
著書『介護とジェンダー』(山川菊栄賞受賞)、『変わる家族と介護』ほか
 
パネルディスカッション
春日キスヨ 氏(元松山大学教授)
福村憲明 氏(名古屋市西区南部いきいき支援センター長)
鈴木美登里 氏(オレンジの会理事)
伊藤正俊 氏(KHJ全国ひきこもり家族会連合会理事長)
川北稔 氏(愛知教育大学准教授)
司会:山田孝介(オレンジの会代表理事)

[日時]

2018年1月20日(13:30~16:30)

13:00~受付

[会場]

オフィスパーク名駅プレミアムホール403

(愛知県名古屋市中村区名駅4-5-27)

[予約・問い合わせ]

申し込み(なるべくEメールかこくちーずでお願いします)

Eメール:nagoya@orange-net.info

こくちーず:http://kokucheese.com/event/index/496674/

電話:052-459-5116